J2ジュビロ磐田、鹿児島市の白波スタジアムで春季キャンプ入り 28日大分、2月1日いわきと練習試合

贈呈品を受け取った遠藤保仁選手(右から2人目)や横内昭展監督(右)ら=23日、鹿児島市の白波スタジアム

 サッカーJ2のジュビロ磐田が23日、鹿児島市の白波スタジアムで春季キャンプを開始した。今年で26回目。1年でのJ1復帰を目標に2月4日までトレーニングや練習試合に励む。

 1月23日の練習前に開かれた歓迎式には、元日本代表で鹿児島市桜島出身の遠藤保仁ら選手やスタッフ約50人が参加。下鶴隆央市長が「厳しいシーズンを戦い抜くエネルギーを養ってもらいたい」と激励し、県産黒豚などの特産品を贈った。

 2022年のワールドカップ・カタール大会で日本代表コーチを務めた、横内昭展新監督は「おいしい食事や温泉で心身とも、いい準備をして開幕を迎えたい」と意気込んだ。

 同スタジアムで、28日に大分トリニータ、2月1日にいわきFCとの練習試合がある。

キャンプ入りした鹿児島市出身の遠藤保仁選手(中央)=23日、鹿児島市の白波スタジアム
キャンプ入りした鹿児島市出身の遠藤保仁選手(中央)ら=23日、鹿児島市の白波スタジアム

© 株式会社南日本新聞社