「なんてレジェンドだ」トッテナムFWハリー・ケインがクラブ通算最多タイの266ゴール目! 華麗な反転から決勝弾「普通にチート」

トッテナムは現地時間1月23日、プレミアリーグ第21節でフルアムと対戦し、1-0の勝利。イングランド代表FWハリー・ケインが決勝ゴールを挙げ、クラブの歴代公式戦通算得点数で最多タイに浮上した。

スコアレスで迎えた前半終了間際の45+1分、敵陣中央で受けてドリブルで持ち上がった韓国代表FWソン・フンミンからのパスをペナルティエリア手前中央で収めたケインが、巧みな反転から右足を振り抜く。グラウンダーのシュートがゴール右隅に決まり、トッテナムが均衡を破った。

ケインはこのゴールで、クラブのレジェンドである元イングランド代表FWジミー・グリーブス氏と並ぶクラブ公式戦通算266得点目を記録。また、プレミアリーグ通算ゴール数を199に伸ばした。

試合はこのままトッテナムが1点のリードを守り抜き、リーグ戦3試合ぶりの白星を飾った。

トッテナムの公式ツイッターがケインの得点シーンの動画を公開すると、ファンからは「なんてレジェンドだ」「バケモン」「これで決まるの普通にチート」「ハリー・ケインがハリー・ケインをしている」「いいゴールだ」といった声が上がった。

29歳のストライカーはどこまで記録を伸ばせるのか。攻撃を牽引する背番号10のプレーに今後も注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

© 日本スポーツ企画出版社