「ロナウドのためにプレーする必要はない」アルナスル監督が言う

サウジアラビアのアル・ナスルに移籍したクリスティアーノ・ロナウドが新天地デビューを果たした。

アル・イティファク戦に先発出場するも、ゴールは奪えず。ただ、ブラジル人アンデルソン・タリスカの得点でチームは1-0で勝利している。

『Record』によれば、アル・ナスルのルディ・ガルシア監督は試合後にこう述べていたそう。

「彼のような偉大な選手がいてくれるのはプラスだ。得点の場面にようにDFの注意を引きつけてくれる。

クリスティアーノは5度のバロンドール受賞者であり、世界最高の選手のひとり。

彼はPSG戦でプレーしたので、それほど休んでいないことを忘れてはならないよ。

ロナウドがいたとしても、サウジリーグで勝つことは簡単ではない。野望を抱くチームがいくつもある、強力なリーグだ。

我々のプランはボールを持つこと。常にロナウドを探すようなことはしたくない。

ただ、彼やタリスカは別格の選手なので、より多くボールを貰うのは当然のことさ」

ロナウドがいても勝つのは簡単なリーグではないと指摘。

【関連】タトゥーを彫っていない世界最強のスター選手11人(2023年版)

また、チームがロナウドのためだけにプレーする必要はないとも強調していたそう。

© 株式会社コリー