官製談合疑いで港湾前所長ら逮捕 名古屋港の埋め立て工事巡り

名古屋・西署に入る藤田亨容疑者=24日午後

 名古屋港(名古屋市など)埋め立て工事の資材調達を巡る一般競争入札で、業者に情報を漏らして落札させたとして、愛知県警は24日、官製談合防止法違反と公競売入札妨害の疑いで、中部地方整備局名古屋港湾事務所前所長藤田亨容疑者(60)=横浜市鶴見区=を逮捕。同容疑で落札した三重県尾鷲市の「丸昇石材」元会長小倉章弘容疑者(65)=尾鷲市=も逮捕した。

 藤田容疑者の逮捕容疑は所長だった21年2月ごろ、中部地方整備局発注の石材調達業務の入札2件に関し、小倉容疑者に石材1立方m当たりの単価に近い価格を漏えいした疑い。小倉容疑者は予定価格を算出し、約76億円で落札した疑い。

愛知県警察本部=名古屋市中区三の丸

© 一般社団法人共同通信社