アーセナル指揮官&コーチが「ぴょんぴょんっ」 ゴール喜ぶ“シンクロ”に反響拡大「おっさん達かわいいw」「好きだわ」

アルテタ監督(右)とコーチのリアクションが話題に【写真:ロイター】

1点ビハインドで追いついた前半のシーンをピックアップ

イングランド1部アーセナルは現地時間1月22日にプレミアリーグ第21節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、3-2の逆転勝利を収めた。勝利に導いたアーセナルのミケル・アルテタ監督とコーチが、ベンチで逆転の瞬間を喜ぶシーンが反響を呼んでいる。

首位と3位の上位直接対決となったゲームは前半17分、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードの強烈なミドルシュートで先制点を与えるも、同24分にFWエディ・エンケティアがヘディングで同点弾を決めて試合を振り出しに戻す。

すると後半8分、途中出場の日本代表DF冨安健洋が右サイドからイングランド代表MFブカヨ・サカに横パスを出すと、サカがカットインから左足を一閃。勝ち越しゴールを奪った。

後半13分の相手のコーナーキックからこぼれ球を押し込まれて一時は同点弾を献上するも、終了間際にエンケティアがゴールを奪い白熱した争いを3-2の逆転勝利で飾っている。

スポーツ配信サービス「SPOTV NOW」公式ツイッターでは、エンケティアが決めたチーム1点目の瞬間をピックアップ。「アルテタ監督とコーチが見事なシンクロっ 24分、アーセナルの同点ゴールのシーン、ベンチのスタッフ陣がシンクロしたことが、ファンの中で話題になっていました」と記し切り抜き映像を公開した。

得点の瞬間、並んだ2人は同時に飛び跳ね後ろのスタッフの元へ。見事に揃った行動にファンも「おっさん達かわいいなw」「好きだわー」「最高やんww」「ぴょんぴょんっ」「これ笑った」「全員で闘ってて感動」とさらに反響が広がっていた。(FOOTBALL ZONE編集部)

© 株式会社Creative2