「三笘の魔法を追体験」 全12アングルから見る“スーパーミドル弾”に反響拡大「どの角度から見ても美しい」「贅沢」

12視点から見た三笘薫のスーパーゴールに反響【写真:ロイター】

レスター戦での先制弾を現地カメラ12視点の動画でクラブ公式がお届け

イングランド1部ブライトンに所属する日本代表MF三笘薫は、現地時間1月21日に行われたプレミアリーグ第21節のレスター・シティ戦で華麗なミドル弾を決めた。今季4ゴール目となったゴラッソをクラブ公式も再度注目。「三笘の魔法」と称し改めて取り上げた。

三笘は前半27分、ベルギー代表DFティモシー・カスターニュ相手にカットインを仕掛け、ペナルティーエリア手前左から右足を一閃。美しい弧を描いたシュートがゴール右上隅に吸い込まれて、ブライトンに先制点をもたらした。

国内外から賛辞の声が止まないなか、クラブ公式はさまざまな角度から見た三笘のゴール動画を投稿。「三笘の魔法をあらゆる角度から追体験」と題しアップした。

動画では、通常の引きの映像から始まり、観客の姿まで映した視点やゴールサイドのカメラの映像など見ごたえ十分の1本になっている。最後のカットでは、ゴール後の喜びで三笘に寄って来たMFモイセス・カイセドと衝突するアクシデントシーンも掲載。現地の魅力詰まった映像にファンは「見所ありすぎる」「カイセド轢かれるのめっちゃおもろいw」「どの角度から見ても美しい」「贅沢詰め合わせ」「一生見ていられる」「なんて美しいんだ」と歓喜の言葉を寄せていた。(FOOTBALL ZONE編集部)

© 株式会社Creative2