冨安健洋×旗手怜央、東京五輪世代の“コラボ”に海外注目 「ハタテをアーセナルのスターと発見」

冨安(左)と旗手がともにオフを満喫【写真:Getty Images】

旗手がロンドンの冨安の元を訪れた模様

イングランド1部アーセナルの日本代表DF冨安健洋が、インスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)を更新。スコットランド1部セルティックの日本代表MF旗手怜央との2ショットをアップし、海外メディアも注目している。

アーセナル所属2年目を迎えた冨安。昨年のカタール・ワールドカップ(W杯)に日本代表として出場後、リーグ戦のスタメン起用はなく、守備固めでの途中投入が多くなっている。

そんな冨安が、インスタグラムのストーリーに、セルティックでプレーする旗手との2ショットをアップ。旗手もこれをストーリーで引用している。

セルティック専門メディア「Celts Are Here」は「レオ・ハタテをアーセナルのスターと発見」と見出しを打ち、「セルティックは週中に試合がなく、旗手がオフにロンドンを訪れたようだ。旗手と冨安は、両者ともリーグタイトルを獲得してチャンピオンとしてシーズンを終えることを望んでいる」とレポートしている。

アーセナルはプレミアリーグ、セルティックはスコティッシュ・プレミアシップで首位を走っており、冨安と旗手がリーグ優勝を果たせるかにも注目が集まる。(FOOTBALL ZONE編集部)

© 株式会社Creative2