「三笘に感謝だ!」 ブライトンファン、日本人アタッカーの”古巣”現地観戦に海外注目「ずっと来たいと思っていた」

ユニオンSGの試合を観戦したブライトンファンが話題に【写真:Getty Images】

ブライトンファン10人がベルギーのブリュッセルへ遠征

イングランド1部ブライトンの日本代表MF三笘薫は、プレミアリーグ挑戦1年目でここまで14試合に出場して4ゴール1アシストを記録している。独特なリズムのドリブルで相手の守備網を切り裂き、ファンの心を掴んでいるが、ブライトンファン10人が三笘の昨季所属であるベルギー1部ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ(ユニオンSG)を現地観戦すべくベルギーへ遠征したという。

三笘は2021年夏に川崎フロンターレからブライトンへ完全移籍。その後、ベルギーのユニオンSGへレンタルとなり、主力の1人として公式戦29試合に出場して8ゴール4アシストを記録した。

今季はブライトンに復帰となり、昨年のカタール・ワールドカップ(W杯)後はスタメンの座をがっちりとキープしているが、“三笘効果”はブライトンファンにも普及しているという。

ベルギーの日刊紙「La Dernière Heure」が、「ブライトンのファン10人がはるばるブリュッセルまでやってきて、ユニオンSGがルーベンに勝利するのを見届ける」と見出しを打って特集。記事によれば、現地時間1月21日にベルギーのブリュッセルで行われたリーグ第22節ユニオンSG対ルーベン戦(1-0)をブライトンファンが現地観戦したという。

ブライトンとユニオンSGは共通のオーナーが所有する姉妹クラブだが、ブライトンファンは「ブライトンのファンにとって、ユニオン(SG)はマストだ!」「ずっと来たいと思っていた」「三笘に感謝だ!」と語ったと伝えられており、三笘の存在が両クラブをつなぐ“架け橋”となっている。(FOOTBALL ZONE編集部)

© 株式会社Creative2