天草市牛深で積雪13センチ 熊本県内、冷え込み続く

雪が一面に積もった牛深港=25日午前8時過ぎ、天草市牛深町

 熊本地方気象台は25日午前、県内の大雪と低温に関する気象情報を発表した。県内で大雪の恐れはなくなったものの、26日にかけて厳しい冷え込みが続く見込み。25日午前3時現在の積雪は天草市牛深13センチ、水俣市3センチ。

 気象台によると、26日にかけて気温が下がり「10年に1度」程度の低温になる。水道管の凍結のほか、積雪や路面凍結による交通障害に引き続き注意を呼びかけている。

 積雪の影響で、九州自動車道は25日午前9時現在、県内区間は全て通行止め。九州産交バスは高速バスの運転を見合わせており、一部で終日運休を決めた。空の便は、日本航空と全日空、フジドリームエアラインズが熊本空港の始発便などを欠航した。一般道は各地で混雑。国道3号下り線の渋滞の長さは午前9時40分過ぎ、宇土市の松原交差点付近を先頭に約15キロとなった。 ※熊本県内にも寒波が到来しております。熊日は「プレミアム会員」向けの「熊日紙面ビューアー」を無料で開放中(26日夕方まで予定)。熊日電子版と共に、以下のリンクから情報収集にご活用ください。

© 株式会社熊本日日新聞社