BMW M3 に軽量版「CS」が復活、550馬力ツインターボ搭載…日本にも導入へ

BMW M3 CS 新型

BMWは1月25日、高性能セダン『M3 CS』の新型を欧州で発表した。限定生産車となる予定で、日本市場への導入も計画されている。

メルセデスAMG『CLA 35』、表情一新...改良新型を欧州発表

新型M3 CSは『M3セダン』の4WD仕様の「M xDrive」をベースに、さらなる高性能を追求した限定モデルだ。従来型は2017年11月、ロサンゼルスモーターショー2017で発表され、世界限定1200台が生産された。新型M3 CSは、およそ5年ぶりの復活となる。

新型の直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンツインターボエンジンは、ターボのブースト圧を1.7バールから2.1バールに引き上げるなどのチューニングを受けた。この結果、最大出力はM3セダンの「コンペティション」に対して、40hpプラスの550hp/6250rpmに高められた。最大トルクは66.3kgmに据え置かれたが、2750~5950rpmのより幅広い領域で引き出される設定とした。

トランスミッションは「ドライブロジック」を搭載した8速「Mステップトロニック」を組み合わせる。車両重量はおよそ20kg軽量化。動力性能は、0~100km/h加速が0.1秒短縮され、3.4秒に。「Mドライバーズパッケージ」が標準装備されており、最高速は、290km/hから302km/h(リミッター作動)に引き上げられている。

© 株式会社イード