【最強寒波】大雪・寒さいつまで?台風並みの非常に強い風も 24時間の降雪量は、東北80センチ、北陸・北海道60センチなど【気象予報士解説】

この冬一番強い寒気、このあと西日本からは一旦抜けていく見通しです。鈴木悠気象予報士の解説です。

雪の予想を見ていきますと、西日本の大雪のピークは過ぎたと見られますが、北陸や北日本の日本海側は25日夜遅くにかけても雪が続きます。

そして、風も強まり猛吹雪が続きそうです。最大瞬間風速は30メートル以上、台風並みの非常に強い風が吹き、海上では大しけとなりそうです。

さらに26日の朝にかけて、北陸や北日本は雪が続き、さらに積雪の量が増えるおそれがあります。26日の朝までの24時間に降る雪の量、多いところでは東北80センチ、北陸や北海道60センチなどとなっています。今回特に新潟県や山形県内で、雪の量が多くなるおそれがあります。

そしてこの先、一旦西日本から抜けていた寒気、27日金曜日からまた流れ込んできて、西日本でも再び雪が降りまして、この週末にかけて、北陸や北日本、大雪に警戒を続けてください。

© TBS NEWS DIG Powered by JNN