イオン/メタバースのアバターも着られるTシャツ発売

イオンリテールは1月27日、イオンのファッションブランド「ダブルフォーカス」からさまざまな企業とコラボレーションした「企業コラボTシャツ」25柄を発売する。

<メタバースのアバターも着られるTシャツ16柄も用意>

このうち16柄は、メタバース「XANA」でアバターが着られるTシャツとしてNFT化され、NOBORDER.z(ノーボーダーズ) FZEによって販売される。

Z世代・ミレニアル世代を中心に、誰もが知っているお菓子や文房具などをモチーフとしたアイテムが人気になっている。ダブルフォーカスでは2016年より、食品や文房具等の各種メーカーや外食企業などとコラボレーションした「企業コラボTシャツ」を販売。これまでにコラボレーションした企業は約110社になる。

今回発売する商品は、各社の人気商品のイラストやキャラクター、企業ロゴなどを、前面だけではなく背面や袖口などにもポイントであしらったイオン限定のTシャツに仕上げた。

くっぴーラムネ(カクダイ)、じゃがりこ(カルビー)、ミルキー(不二家)、アラビックヤマト(ヤマト)、カットよっちゃん(よっちゃん食品工業)などとコラボ。17社25柄、XS~2XL(メンズサイズ、ユニセックス着用可)、各税込み1518円。全国のイオン、イオンスタイル約350店舗で販売する。

■メタバースの関連記事
メタバース上で販売・体験/バーチャルマーケットに大丸松坂屋、ベルクなど70社出展

© 株式会社流通ニュース