“アポ電”強盗致死  男らを減刑した一審判決を破棄・差し戻し 高齢被害女性への「暴行明らか」東京高裁

2019年に東京・江東区のマンションに強盗目的で押し入り、80歳の女性の首などを圧迫して死亡させたとして、強盗致死などの罪に問われた男3人の二審判決で東京高裁は「首の圧迫などは認定できない」として刑を軽くした一審判決を破棄し、東京地裁に審理を差し戻しました。

須江拓貴被告(26)と小松園竜飛被告(31)ら3人は2019年2月、金を奪う目的で東京・江東区のマンションに押し入り、加藤邦子さん(80)の口を粘着テープでふさいだうえ、首を圧迫したり鼻をふさいだりして窒息死させた強盗致死などの罪に問われています。

3人は事件直前に加藤さん宅に資産状況を尋ねる「アポ電」をかけたとされています。

2021年3月、一審の東京地裁は「首の圧迫などの暴行は認定できない」「女性は事件によるストレスで持病の慢性心不全が悪化し、死亡した」と判断しました。

そのため、無期懲役の求刑に対し、刑を軽くし、須江被告に懲役28年、ほかの2人に懲役27年を言い渡し、検察側、被告側双方が控訴していました。

きょう午後の判決で二審の東京高裁は「3人のうち少なくとも1人が被害者の首を圧迫する暴行を加えたことは明らか」と判断。

一審判決に事実誤認があるとして取り消し、再び裁判員裁判として審理するよう東京地裁に差し戻しを命じました。

© TBS NEWS DIG Powered by JNN