【速報】自民・茂木幹事長が岸田総理に「ウクライナ訪問が望ましい」

自民党の茂木幹事長は衆議院本会議で、今年5月のG7広島サミットではウクライナ支援が大きなテーマになると指摘したうえで、「総理自らウクライナを訪問し、ゼレンスキー大統領との首脳会談や現地状況の視察等を行っておくことが望ましい」との考えを示しました。岸田総理の施政方針演説に対する代表質問の中で発言しました。

これに対し、岸田総理は「現時点ではなんら決まっておりませんが、諸般の状況も踏まえ検討していく考えです」と答弁しました。

岸田総理は、今月6日にゼレンスキー大統領と電話会談した際にウクライナ訪問を要請されていて、このときも記者団に対し、同様の発言をしています。

© TBS NEWS DIG Powered by JNN