神奈川県内各地で今季最低気温“最強寒波”横浜も初の氷点下

「10年に1度程度」とされる非常に強い寒波の影響で、神奈川県内では25日朝、今シーズン最も厳しい寒さとなりました。

(午前8時過ぎ JR関内駅前)
藤坂キャスター
「横浜市内は青空が広がって日差しもあるんですが空気がヒンヤリと冷えていてとても冷たいです。 路面を見てみますと凍結しています」

気象庁によりますと、25日朝の最低気温は横浜で−2.1℃、海老名で−5.0℃、藤沢で−2.9℃、小田原で−2.3℃、三浦で−1.6℃と、全ての観測地点で今シーズンの最低気温を記録しました。

氷点下となったのは、横浜と三浦では今シーズン初めてです。

街の人は
「今までで1番寒い。本当に…きついね」
「10年に1度の寒さだなと思います。手袋もして靴下も2枚履いている」

非常に厳しい寒さとなったことで家庭から多く寄せられた相談もー

(午後10時頃 横浜市瀬谷区)
藤坂キャスター
「横浜市瀬谷区の住宅街です。タオルを巻くなど『水道管凍結』の対策をとる家庭もある中、蛇口が凍ってしまっている家庭もあります」

神奈川県や横浜市の水道局によりますと、24日夜から25日朝にかけ凍結した水道管が破裂し漏水した事案が、横浜市で4件、相模原市と鎌倉市でそれぞれ1件発生したということです。

水道局は水道管が凍結した場合には、40℃ほどのぬるま湯でゆっくりととかすよう対策を呼びかけています。
また、25日は午後も気温が上がらず寒い一日となりそうです。 体調管理にも十分ご注意ください。

© 株式会社テレビ神奈川