新名神で立ち往生 体調不良を訴える人も

10年に一度レベルの最強寒波の影響で大雪が続き、各地で車の立ち往生が相次いでいる。

三重県の新名神・下りの菰野インターチェンジから滋賀県の甲賀土山インターチェンジの間で、断続的に立ち往生が発生している。

立ち往生の区間は、あわせて10km以上にのぼるとみられている。

この立ち往生に巻き込まれたドライバーによると、25日午前3時50分ごろから立ち往生に巻き込まれ、すでに10時間以上にわたって動けず、体調不良を訴えている人もいるという。

© FNNプライムオンライン