この冬一番の寒気 栃木県北部を中心に雪

 日本列島は25日、この冬1番の強い寒気の影響で各地で記録的な寒さとなり、栃木県内は北部を中心に雪が降りました。

 東日本の上空およそ5000メートルに、氷点下42度以下というこの冬1番の強い寒気が流れ込んでいて、北日本から西日本の日本海側では大雪、また全国的にこの冬一番の寒さとなっています。関東甲信地方でも25日夕方まで強い冬型の気圧配置が続く見込みで、厳しい寒さとなっています。県内では24日から北部を中心に雪が降り、25日午前8時17分、那須塩原市、那須町、日光市に大雪警報が出されたほか、県内全域で低温注意報が出されました。25日午前9時までの24時間降雪量は、日光市土呂部で18センチ、中禅寺湖畔で10センチ、那須高原で5センチ。気温も上がらず正午で宇都宮で氷点下1.8℃、県南の佐野でも0.4℃と厳しい寒さとなりました。

 宇都宮地方気象台によりますと、26日午前9時までの24時間予想降雪量は、いずれも多いところで北部の山間部で40センチ、平地で10センチ、南部の山間部で10センチ、平地で5センチ。また予想最大風速は北部と南部ともに12メートル、最大瞬間風速は25メートルの見込みです。

 栃木県危機管理課のまとめで25日午前11時現在、県内で人や家屋に目立った被害は確認されていませんが、県警によりますとスリップによる物損事故が71件起きています。

 宇都宮地方気象台は大雪による交通障害や路面の凍結に警戒し、水道管の凍結などに注意するよう呼び掛けています。

【25日午前11時 県危機管理課まとめ】
○人的被害 なし

○住家被害 なし
○道路の通行止め
・国道121号(日光市明神)倒木のため
・国道123号(茂木町飯野、下飯野)車両事故による
・国道293号(宇都宮市徳次郎町)車両事故による
・県道栗山今市線(日光市小百)倒木

【~25日午前9時 栃木県警まとめ】
県内でスリップ事故(すべて物損)71件
※スタッドレスタイヤなどのすべり止めなしが21件

© 株式会社とちぎテレビ