大雪、スーパーやコンビニに影響 宅配便の輸送停止も

 全国的な大雪により、スーパーやコンビニの一部で営業時間や商品の配送に影響が出た。通常よりも開店時刻を遅らせた店舗があったほか、交通機関の乱れで従業員が出勤できないといったトラブルも発生。物流各社は、西日本を中心とした一部地域で発着する宅配便など荷物の引き受けを停止した。

 イオングループは九州の10店舗で、降雪により営業開始時間の遅れや、24時間営業の一時的な中断といった対応をした。これとは別に、近隣の交通機関の乱れで和歌山と広島の計2店舗が営業開始を午後に遅らせた。

 郵便局は74局で窓口を休止した。

© 一般社団法人共同通信社