米ブリンケン長官、中東歴訪へ 聖地巡る対立緩和模索

ブリンケン米国務長官(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米国務省は26日、ブリンケン長官が29~31日の日程でエジプト、イスラエル両国と、イスラエル軍が占領するヨルダン川西岸を訪問すると発表した。両国首脳とロシアによるウクライナ侵攻への対応や、イラン情勢について協議する。エルサレムにある聖地を巡るイスラエルとパレスチナの対立緩和も模索する。

 29~30日にエジプトを訪問し、シシ大統領と会談。東西で分裂状態になっている隣国リビアを含む中東地域の情勢を協議する。30~31日にエルサレムとヨルダン川西岸ラマラを訪れ、イスラエルのネタニヤフ首相、パレスチナ自治政府のアッバス議長とそれぞれ会談する。

© 一般社団法人共同通信社