体操、速見氏が女子大会新設 暴力指導で厳罰のコーチ

速見佑斗氏、宮川紗江

 体操女子の2016年リオデジャネイロ五輪代表、宮川紗江(23)に対する暴力指導で18年に登録抹消の厳罰を受けた速見佑斗コーチ(39)が、国内では珍しい女子限定の大会を4月に新設することが27日、関係者への取材で分かった。同選手や五輪銅メダリストの村上茉愛さん、寺本明日香さんらリオ五輪代表メンバーが大会アンバサダーを務める。

 宮川の顔をたたく、髪を引っ張るといった行為を繰り返していた速見氏は、日本体操協会による処分が昨年3月に解け、コーチ活動に本格復帰後も同選手を指導している。「女子が輝く舞台を用意したい」と意気込みを語っていた。

© 一般社団法人共同通信社