How to Use 活用方法

ファンを呼び込むタッチポイントに

コンテンツホルダーは、新聞や雑誌の定期購読、最新号や書籍の購入、アプリのダウンロードなどのための販促モジュールを記事ページ内に設定できます。

自身のウェブサイトやSNSアカウントに誘導するアイコンも設置可能です。

もっと詳しく
image1

オーサー機能で書き手をフィーチャー

記事を書いたライターや記者の氏名、肩書、画像、プロフィールを設定し、「オーサー」として表現できます。

オーサーは複数のコンテンツホルダーにまたがって寄稿、執筆活動を行えます。

もっと詳しく
image2

コンテンツコンテクストを与えて

記事に読者を連れてきたキュレーターは、読者に文脈や視点を与える「アノテーション」とともに記事ページのフッター「Curated by」で表示されます。

Curated byには、自身のウェブサイトなどへの戻りリンクを設定することも可能です。

もっと詳しく
image3

開発なしで今すぐキュレーション

任意の記事をキュレートして自身のウェブサイトなどから配信するとき、開発リソースが確保できない場合は「ウィジェット」が便利です。

HTML内に数行のスクリプトタグを記述するだけで、簡単にキュレーションを自サイトに追加できます。

もっと詳しく
image5

キュレーションを
ユーザーのいる場所へ

自身のSNSアカウントでキュレーションを配信することで、TwitterやFacebook上のより多くの読者に届けることができます。

Twitter、Facebookからキュレーションを配信する
image6

閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が「 プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得することを含む「 nor.利用規約 」に同意する必要があります。

「これは何?」という方は こちら