縁結びスポット「恋ランタン」祈願式

©株式会社長崎新聞社

祈願式で恋ランタンを奉納した本年度ロマン長崎の岩本さん(左)と苑田さん=長崎市、長崎孔子廟

 長崎ランタンフェスティバル(24日~2月9日)の縁結びスポット「ながさき恋ランタン」の祈願式が23日、長崎市大浦町の長崎孔子廟であり、関係者らが線香を上げて来場者の縁結びやイベントの成功を願った。
 長崎国際観光コンベンション協会と長崎孔子廟中国歴代博物館の共催で昨年始まった。会員制交流サイト(SNS)を活用した集客に期待している。来場者は、会場入り口付近にある販売所で恋ランタン(1個千円)を購入し、赤い札「祈縁牌(チウェンパイ)」に名前と願い事を書き込み、ランタンを祈願所に奉納する。昨年は約1100人が納めた。
 祈願式では、中国の婚礼衣装に身を包んだ本年度ロマン長崎の岩本恵子さん(24)と苑田大誠さん(20)が奉納。岩本さんは「カップルだけでなく多くの人に来てもらい、恋をかなえてほしい」と話した。