【新型コロナ】神奈川県内感染者、新たに32人 累計900人超え、中核病院からも

© 株式会社神奈川新聞社

マスク(イメージ)

 新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、神奈川県内で24日、新たに32人の感染が確認され、累計感染者数が900人を超えた。横浜市では地域中核病院の「聖マリアンナ医科大学 横浜市西部病院」での感染確認者が計8人になり、市は「院内感染の疑いが強い」との認識を示した。

 横浜市では、男女12人の感染が判明した。うち3人は、同病院に勤務する50代の女性看護師と入院患者2人。

 川崎市では、男女7人の感染を確認。多摩区在住の20代女性は、市内の病院に勤める看護師という。

 横須賀市は80代女性、藤沢市は50代男性とその家族で10~50代の女性3人の感染をそれぞれ発表した。

 県所管域は男女8人。三浦市は10歳未満の男児を含む4人で、既に感染が公表されている40代男性の同居家族とみられる。また平塚市の50代女性、大和市の70代男性と50代女性の計3人は中等症という。