ノーベル賞吉野さんもお祝いメッセージ 藤沢市制80周年で動画配信

©株式会社神奈川新聞社

吉野彰さんらのメッセージ動画

 神奈川県藤沢市は1日、市制施行80周年を記念し、同市ゆかりの著名人が出演するメッセージ動画(約8分)の配信を開始した。

 動画では、昨年ノーベル化学賞を受賞した同市名誉市民の吉野彰さんをはじめ、「ウルトラセブン」の主人公を演じた俳優の森次晃嗣さん、女優でエッセイストの小山明子さん、ふじさわ観光親善大使で俳優のつるの剛士さんら8人が、湘南・藤沢に対する思いを語っている。

 吉野さんは「自然豊かで健康的に過ごせる藤沢には湘南の文化を発信する憧れの街であり続けてほしい」と呼び掛け、「永遠に市民として住み続ける」と締めくくった。

 最後に鈴木恒夫市長が「人の和など藤沢らしさを大切にしながら、持続可能な街づくりを進めていく」と、将来の発展に期待を込めた。

 同市は1940年10月1日に誕生。新型コロナウイルス感染防止の観点から、1日に予定していた80周年記念式典は中止にした。動画は市のホームページなどからアクセスできる。