「七人の秘書」最終決戦。木村文乃からメッセージ!「次の日、学校、職場、ご家庭での話題になること間違いなしです」

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日系連続ドラマ「七人の秘書」(木曜午後9:00)は、本日12月10日が最終回。目立たないことを極意とし、要人に仕える名もなき秘書たちと、その元締めとなる影の男が、副業の人助けで非情な権力者たちを一掃し、理不尽だらけの日本社会を裏で操り変えていく痛快ドラマで、“影の軍団”VS“最凶の黒幕”の最終決戦が繰り広げられる。

これまで、木村文乃をはじめ、広瀬アリス、菜々緒、シム・ウンギョン、大島優子、室井滋、江口洋介らが影の仕事人に扮(ふん)し、“人助け”として非情な権力者たちを懲らしめてきたが、最終回では、ついに財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)と対峙(たいじ)することとなる。

粟田口の秘書になり悪事の証拠を集めようとしていたパク・サラン(シム)だったが、粟田口は何枚も上手で、手下に襲われて負傷してしまったサランは、病院に運び込まれた。最終回では、復讐に燃える望月千代(木村)らの動きを封じるかのように、先に手を回していた粟田口が秘書軍団の“表”の仕事を失わせることに成功。そんな折、7人の元締めである萬敬太郎(江口)は、失踪していた千代の兄・一男(マキタスポーツ)と再会。一男が長年抱えていた思いを知り、ラーメン店「萬」を休業する決意を固める。仲間たちが次の就職先を探す中、千代は銀座の高級クラブに返り咲き、元No.1ホステス・月子として華麗なる復活を遂げる――。

クレイマックスを目前に控え、木村は「物語の展開もそうですが、実際に撮影していてもジェットコースターに乗っているかのようでした。これまでの伏線はすべてゴールへ向かい、その時にみんなが笑顔になる…とても気持ちのいい作品だったなと、あらためて思います」と振り返る。

また、衝撃の展開の連続には、「(脚本の)中園(ミホ)さんの物語は常に先が分からないので、演じ方で、広がりも狭まりもするという緊張は常にもっていました。なので、現場でも“次はどう来る、中園さん!”とみんなでワクワクしていた部分があるので、ある意味どんと構えていたのかもしれません」と語った。

そして、「最後までスッキリとテンポがよく、気持ちのいいお話です。最終回にも“中園マジック”は隠されているので、次の日、学校、職場、ご家庭での話題になること間違いなしです。ぜひ7人の行方を見守っていただけたらと思います」と視聴者にメッセージを寄せている。