激戦必至のアーセナルvsマンU! 新たな名勝負が生まれる予感⁉︎ 〜第21節プレビュー〜

昨年11月のオールド・トラフォードでの激闘から今シーズン2度目の対戦となったアーセナルとマンチェスター・ユナイテッド。チームの好不調を問わずいつの時代も名勝負を演じてきたビッグマッチは、今回はどんな物語を描くのか。

マルシアルとトゥアンゼべが人種差別被害に…マンUはSNSで怒りの声明「愚か者を嫌悪する」

欠場者情報
アーセナル
・ピエール=エメリク・オーバメヤンは体調不良の母親を看病するため直近2試合を欠場。チームに合流しているがマンU戦に出場するかは疑わしい。
・直近のサウサンプトン戦で打撲を負ったトーマス・パーティやエミル・スミス・ロウは、マンU戦招集メンバーに。
・ダニ・セバージョスは両ふくらはぎを、キーラン・ティアニーはフィットネスに問題を抱えていたが、ビッグマッチに出場する可能性がある。

マンチェスター・ユナイテッド
・シェフィールド・ユナイテッド戦後にSNSで人種差別被害を受けたアントニー・マルシアルとアクセル・トゥアンゼベは、精神面を考慮しベンチスタートの可能性がある。
・ブライドン・ウィリアムズやエリック・バイリーは、ケガの影響でアーセナル戦出場は微妙だ。

激闘を制したのはアーセナル!オーバメヤンの決勝PK弾でユナイテッドを撃破!

マッチプレビュー
アーセナル
プレミアリーグでマンUに連勝中のアーセナルは、1998年9月のアーセン・ヴェンゲル時代ぶりに3連勝を目指す。加えてミケル・アルテタ監督は、今試合に勝てば就任からマンUに3連勝を果たした初のアーセナル指揮官となる。また19歳ブカヨ・サカは、今シーズンのリーグで7得点に関与。アーセナルの10代選手では誰よりも結果を残しており、セスク・ファブレガス以来の快挙だ。(2ゴール11アシスト)。

マンチェスター・ユナイテッド
就任からアーセナルに勝利したことがないオーレ・グンナー・スールシャール監督。マンU指揮官では最もアーセナルに白星を挙げたことがない不名誉な記録を樹立した。一方プレミアでのアウェイでは抜群の強さを見せており、1999年9月に達成して以来の17戦無敗。アーセナルとのアウェイ戦でも1991年5月から3連敗を喫したことはない。

月末にビッグマッチが実現

© 株式会社 LIVE SPORTS MEDIA