ありがとう「キハ200、220形」 鉄道ファンらラストラン見送る

©株式会社長崎新聞社

長崎県内ラストランを大勢に見送られるキハ200形とキハ220形=JR長崎駅

 JR九州の快速列車「シーサイドライナー」として使われたキハ200形とキハ220形の計12両が11日、長崎県内での運行を終えた。長崎、諫早両駅では多くの鉄道ファンや市民がラストランを見送った。
 200形が本県に新規投入されたのは1994年。今後は大分、熊本、鹿児島各県に転属する。県内では昨年3月に営業運転を始めた省エネ車両YC1系と入れ替わる。
 午後10時ごろ、長崎市尾上町の長崎駅ホームには、乗客を含め約330人が集まった。車両は青赤の二色塗装と赤一色塗装の計4両編成で、行く先表示や車内の写真ポスターには「ありがとう」の文字。見送り客には記念ポストカードが配られた。ファンサービスで車両がいつもよりゆっくり動きだすと、乗客や社員も旗や手を振った。福岡市の男性会社員(52)は「このディーゼル音を最後に聞くために来た」と話した。