Rマドリードのジダン監督 今季限りの退任を決断! 現地TV局報道

©株式会社東京スポーツ新聞社

チームを去ることになりそうなジダン監督(ロイター)

スペイン1部レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督(48)が、今季限りで退任する意向を固めたようだ。同国マドリードのテレビ局「テレマドリード」が報じた。

チームは現在、首位アトレチコ・マドリードと勝ち点2差の2位につけており、残り2試合で逆転できるかに注目が集まる。リーグ優勝を逃せば退任という報道もあったが、同局は「ジダン監督が何か月も前から計画していたことで、リーグ優勝の有無にかかわらず、今シーズン終了後にRマドリードの監督を退任する」と伝えた。

契約は2022年夏まで残っているが、肉体的、精神的疲労からの決断だったとした。それだけに逆転優勝で“有終の美”を飾って勇退したいという。

来季は、アンドレア・ピルロ監督の退任が取りざたされている、古巣のイタリア1部ユベントスで指揮を執る可能性もある。ただ、決断した理由が理由だけに、来季もまた別のチームで監督を務めるかは微妙なところだ。