新たな地獄出現 愛称募集、4日まで 雲仙市観光戦略会議

©株式会社長崎新聞社

駐車場のアスファルトがはがされ、出現した地獄=雲仙市小浜町、清七地獄

 長崎県雲仙市の観光振興に取り組む市観光戦略会議は、同市小浜町の雲仙地獄に新たに出現した地獄の愛称と、整備中の展望公園の名称を募集している。同戦略の情報発信サイト「全員集合!雲仙ポータル」で、4日まで応募を受け付けている。
 雲仙地獄は環境省雲仙自然保護官事務所が管理。新しい地獄は、国道57号沿いの雲仙地獄(清七地獄)の一部(約450平方メートル)。元々は駐車場だったが、2019年に一部が陥没して蒸気が上がったため利用を中止。調査で地中が空洞化していることが分かり、昨年12月に地表のアスファルトをはがしたところ、一帯から熱水と蒸気が噴き出し、“地獄化”していたことが分かった。同事務所の服部恭也上席自然保護官は「地獄が長い年月をかけて移動していることが分かる貴重な現象」としている。

新しく整備する展望公園のイメージ(雲仙市観光戦略会議提供)

 公園造成は同省の景観整備事業の一環。雲仙温泉街と地獄を見渡せる児童公園を再整備し、8月下旬の供用開始を目指している。モミジを植樹し、あずまやも設けて観光客や住民の憩いの場にする。
 新しい地獄と新公園に親しんでもらえるように同戦略会議が、それぞれ愛称と名称を募集。それぞれの採用者に雲仙温泉街の宿泊補助券(3万円分)を贈る。8月に発表予定。