オワードがポール奪取。琢磨はQ1通過ならず【順位結果】インディカー第7戦デトロイト・レース1予選

©株式会社サンズ

 ダブルヘッダー戦で開催されているNTTインディカー・シリーズのデトロイト戦。12日に行われた第7戦の予選は、パト・オワード(アロウ・マクラーレンSP)が開幕戦以来となるポールポジションを獲得した。

 佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、Q1突破ならず予選16番手から決勝レースに挑む。

 インディ500の熱戦を終え、インディカー・シリーズはデトロイト・ベルアイルパークでのダブルヘッダーを迎えた。

 変則的となる今回の予選は、ふたつのグループに別れ10分の走行を行い、その上位6台ずつ合計12台がファイアストンファスト12に進出。ポールポジションを10分の走行で争う。

 Q1のグループ1は、アレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)がトップ通過。

 ロード/ストリート戦のみの参戦となるロマン・グロージャン(デイル・コイン・レーシング)が、1カ月ぶりのレースでも速さを披露し2番手。好調のリナス・ヴィーケイ(エド・カーペンター・レーシング)が3番手。パト・オワードが続き、シモン・パジェノー、ウィル・パワーのペンスキー勢が6番手以内に滑り込んだ。

 グループ2は、ジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)が1分15秒台を記録しトップに、そのタイムをエド・ジョーンズ(デイル・コイン・レーシング)が上回る。

 しかし、終了間際にニューガーデンが逆転しトップ通過。2番手にコルトン・ハータ(アンドレッティ・オートスポート)、3番手にジョーンズ。ライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)、セバスチャン・ブルデー(AJフォイト)、スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)ファスト12に進出した。

 佐藤琢磨は、6番手に位置していたが最後に逆転され8番手。今回もQ1通過には至らなかった。

佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)

 12台でポールポジションを争うファスト12。各車1度アタックし、レッドタイヤに履き替えるとグロージャンが1分15秒7433でトップに立つ。しかし、そのタイムをオワードが逆転。ロッシもオワードに迫るも0.0808秒差届かず2番手に。

 オワードが開幕戦以来となる自身3度目のポールポジションを獲得した。ここまで6戦で6人のポール、6人のウイナーが誕生していた2021年のインディカー・シリーズ。今季2回目のポールを獲得したオワードがこのままシーズン2勝目を手にすることができるだろうか?

 Q1で敗退となった佐藤琢磨は予選16番手。ポイントリーダーのアレックス・パロウ(チップ・ガナッシ)は予選21番手と下位に沈み、さらにエンジン交換のペナルティで6グリッド降格、最後尾からスタートする。

■NTTインディカー・シリーズ第7戦デトロイトGP・レース1予選

Pos. No. Driver Team Engine Time Session

1 5 P.オワード アロウ・マクラーレンSP C 1’15.5776 Top 12

2 27 A.ロッシ アンドレッティ・オートスポート H 1’15.6584 Top 12

3 51 R.グロージャン デイル・コイン・ウィズ・RWR H 1’15.7433 Top 12

4 18 E.ジョーンズ デイル・コイン・レーシング H 1’15.8119 Top 12

5 2 J.ニューガーデン チーム・ペンスキー C 1’15.8697 Top 12

6 26 C.ハータ アンドレッティ・オートスポート H 1’16.0832 Top 12

7 12 W.パワー チーム・ペンスキー C 1’16.0877 Top 12

8 28 R.ハンター-レイ アンドレッティ・オートスポート H 1’16.1293 Top 12

9 22 S.パジェノー チーム・ペンスキー C 1’16.6606 Top 12

10 14 S.ブルデー A.J.フォイト・レーシング C 1’17.4333 Top 12

11 9 S.ディクソン チップ・ガナッシ H 1’17.8680 Top 12

12 21 R.ヴィーケイ エド・カーペンター・レーシング C 1’17.8776 Top 12

13 29 J.ヒンチクリフ アンドレッティ・スタインブレナー・オートスポート H 1’17.0691 Group 1

14 7 F.ローゼンクヴィスト アロウ・マクラーレンSP C 1’16.4620 Group 2

15 8 M.エリクソン チップ・ガナッシ H 1’17.1579 Group 1

16 30 佐藤琢磨 レイホール・レターマン・ラニガン H 1’16.4713 Group 2

17 20 C.デイリー エド・カーペンター・レーシング C 1’17.2904 Group 1

18 59 M.チルトン カーリン C 1’16.6093 Group 2

19 60 J.ハーベイ メイヤー・シャンク・レーシング H 1’17.4180 Group 1

20 15 G.レイホール レイホール・レターマン・ラニガン H 1’16.6694 Group 2

21 10 A.パロウ チップ・ガナッシ H 1’17.5190 Group 1

22 45 S.フェルッチ レイホール・レターマン・ラニガン H 1’16.6880 Group 2

23 48 J.ジョンソン チップ・ガナッシ H 1’19.0944 Group 1

24 3 S.マクラフラン チーム・ペンスキー C 1’17.5569 Group 2

25 4 D.ケレット A.J.フォイト・レーシング C 1’19.6697 Group 1

アレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)
ロマン・グロージャン(デイル・コイン・レーシング)