ロングステージ3本で争われた新生モントレーは福永が逆転優勝/全日本ラリー第6戦

©株式会社サンズ

 全日本ラリー選手権第6戦『モントレー2021』が6月11日~13日、群馬県高崎市を舞台に行われ、福永修/齊田美早子組(シュコダ・ファビアR5/THREE FIVE MOTORSPORT)が今シーズン3勝目をマークした。

 モントレーは関東エリアを舞台に開催されてきた全日本ラリー選手権の名物イベントだ。2020年大会は新型コロナウイルスの影響により中止となっており、今季は2年ぶりの開催となった。

 2021年の大会は高崎市をホストタウンとし、群馬県西部地域を舞台とする新生ターマックイベントとして開催されることに。なお、同イベントでは国際格式のJSRジャパン・スーパーラリー・シリーズも併催された。

 新型コロナウイルスの感染拡大を防止すべく、ラリーは無観客で開催され、11日の金曜日には選手権としては初めて受付前に抗原検査が実施されていた。ラリーフォーマットも12日(土)の午前中にレッキと車検、午後にレグ1としてSS1、13日(日)にレグ2としてSS2、SS3を設定するなど短期集中型のスケジュールを採用。
 
 一方、レグ1のSS1“Grandma.Kimura”は21.92km、レグ2のSS2およびSS3の“Ghost Tunnel”は19.65kmと、WRC世界ラリー選手権に匹敵するロングステージを採用したこも今大会のポイントと言えるだろう。いずれもハイスピード区間と中低速コーナー、ダウンヒルとアップヒルを併せ持つ路面の荒れたターマック(舗装路)ステージとなっており、国内屈指のスペクタルなステージを舞台に激しいタイムトライアルが展開されることとなった。

 12日のレグ1は好天に恵まれ、16時48分にSS1がスタート。ここで幸先の良い立ち上がりを見せたのが、CUSCO RACINGの柳澤宏至/保井隆宏組で、シュコダ・ファビアR5を武器にSS1でJN1クラスのベストタイムをマークした。

 トップから3.5秒の2番手につけたのは、トヨタGRヤリスを駆るNUTAHARA Rally teamの奴田原文雄/東駿吾組で、同じくGRヤリスを駆るTOYOTA GAZOO Racinggの勝田範彦/木村裕介組が7.8秒差の3番手でレグ1をフィニッシュ。
 
 シュコダ・ファビアR5を武器に2連勝を果たしている福永/齊田組はトップから8.6秒差の4番手、開幕戦の新城ラリーで負傷しながらも3戦目の丹後ラリーで復帰を果たしたittz RALLY TEAMの鎌田卓麻/松本優一組(スバルWRX)が14.8秒の5番手で続く一方で、スバルWRXで新城ラリーを制したSUBARU TEAM ARAIの新井敏弘/田中直哉組はステージ途中でパンクに祟られ、トップから1分59秒遅れのクラス最下位に低迷することになった。

モントレーで今季3勝目を挙げた福永修/齊田美早子組(THREE FIVE MOTORSPORT/シュコダ・ファビアR5)
3連勝を飾ったヘイキ・コバライネン/北川紗衣組(Rally Team AICELLO/トヨタ86CS-R3)
長崎雅志/秋田典昭組(名古屋トヨペットNAVUL/トヨタ86)

■初日首位の柳沢が痛恨のスピン

 JN2クラスではトヨタ86CS-R3を武器に2勝を挙げているヘイキ・コバライネン/北川紗衣組(Rally Team AICELLO)がレグ1をトップでフィニッシュする。JN3クラスではスバルBRZを駆る竹内源樹/木村悟士組(スバルBRZ)がコースアウトを喫し、SSを塞いだことから赤旗でステージキャンセルとなり、以降に出走した選手には規定タイムが与えられることになった。

 明けた13日は曇天のなかレグ2がスタート。ドライコンディションで行われたSS2でベストタイムをマークしたのは福永だった。だが、トップの柳澤も3番手タイムをマークし、総合順位では首位をキープする。福永が3.1秒差の2番手に浮上し、2番手タイムをマークした鎌田が総合3番手に浮上するなど、レグ1で出遅れていたマシンが猛追をみせた。

 SS2の終了後に雨が降り出したことから、最終SSとなるSS3はフルウエットのなかで実施される。雨を見越して2本のウエットタイヤを搭載していた首位の柳澤/保井組はコンスタントな走りを披露していたが、なんと終盤でスピンを喫しタイムを失ってしまう。

 この結果、「柳澤のスピンがあったので逆転できましたが、それでも3連勝できたことはいい流れだと思います」と福永が語るように、福永/齊田組が逆転を果たし、シリーズ最高峰のJN1クラスで3連勝を達成した。
 
 柳澤/保井組は惜敗の2位。鎌田/松本組がRJ車両の最上位となる総合3位で今季初の表彰台を獲得した。以下、GRヤリスを駆る勝田、奴田原が続く一方、新井はSS2でマシントラブルに見舞われ3戦連続でリタイアとなっている。

 JN2クラスではSS2、SS3でベストタイムをマークするなど、レグ2でも圧倒的なスピードを見せたコバライネン/北川組がクラス3連勝を達成。JN3クラスではトヨタ86を武器にSS2、SS3でベストタイムをマークした長崎雅志/秋田典昭組(名古屋トヨペットNAVUL)が今季初優勝を飾った。
 
 スズキ・スイフトで2回のステージウインを果たした西川真太郎/本橋貴司組(スマッシュラリーチーム)がJN4クラスで今季3勝目をマークした一方、JN5クラスはドライコンディションのSS2でトヨタGRヤリスを駆る天野智之/井上裕紀子組(豊田自動織機 RALLY TEAM)がベストタイムをマークするものの、ウエットコンディションと化したSS3ではトヨタ・ヤリスを駆る渡部哲成/橋本美咲組(MATEX-AQTEC RALLY TEAM)がベストタイムをマークし、逆転での今季初優勝を決めた。
 
 JN6クラスではトヨタ・ヤリスを駆る吉原將大/佐野元秀組(MATEX-AQTEC RALLY TEAM 吉原)がSS2、SS3でベストタイムをマークし開幕4連勝を達成した。同時開催のJSRではトヨタC-HRを駆る青山康/加勢直毅組(CUSCO RACING)が勝利を手にしている。

 今戦の終了をもって前半のターマック連戦にひと区切りがついた2021年シーズンの全日本ラリー選手権、次戦第7戦は7月2~4日、北海道で開催されるグラベル(未舗装路)ラリーの『2021 ARK ラリー・カムイ』だ。

JN4クラスで優勝した西川真太郎/本橋貴司組(スマッシュラリーチーム/スズキ・スイフト)
JN5クラスで今季初優勝を飾った渡部哲成/橋本美咲組(MATEX-AQTEC RALLY TEAM/トヨタ・ヤリス)
JN6クラスを制した吉原將大/佐野元秀組(MATEX-AQTEC RALLY TEAM 吉原/トヨタ・ヤリス)
国際格式のJSRで優勝した青山康/加勢直毅組(CUSCO RACING/トヨタC-HR)
2021全日本ラリー第6戦モントレー JN1クラス表彰式

この記事はいかがでしたか?