C8.RのGTDプロ仕様への変更が「非常に簡単」であると予想するコルベット/IMSA

©株式会社サンズ

 IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権では現在行われているGTル・マン(GTLM)クラスを今季限りで廃止し、2022年シーズンよりFIA-GT3カーを用いるGTデイトナ・プロ(GTDプロ)クラスを新たに設置することが決まっている。同クラスへの移行を予定しているコルベット・レーシングのチームマネージャーであるマーク・モーリニは、マシンの仕様変更が「1日がかりの作業」であることを認めた。

 2021年のル・マン24時間レースに先駆け、プラット・アンド・ミラーが運営するチームが4台目のシボレー・コルベットC8.Rを制作することを明らかにしたモーリニ。彼はコルベット陣営が2022年のIMSAとル・マンを含むWEC世界耐久選手権への参戦に向け、それぞれ専用のシャシーを用意する必要はなくGTE仕様からIMSAの新しいGTDプロクラスでの仕様に変換するプロセスは「非常に簡単」であると予想している。

 まだ正式にはアナウンスされていないが、コルベットは既存のGTEマシンを改造して来年のGTDプロクラスに参戦することが許可される見込みだ。

 モーリニは「現在確認されているGTDプロの要件について理解したうえで、ふたつの仕様の間でクルマを行き来させるのは容易である」と述べた。

「丸1日あれば、彼らは仕様を変更することができるだろう」

「私たちコルベット・レーシングが計画していることは、置かれた状況に対して柔軟に対応できることだ。我々はそのための基盤を備えていると考えている」

 新たにGT3カーを作ることなくGTEから仕様を変えたクルマでIMSAのGTDプロを戦う一方、WEC/ル・マンには仕様をもとに戻して参加する。これがコルベットが2022年にとる戦略だ。

「我々は間違いなく2022年のル・マンでレースを戦う。そして(IMSAの)GTDプロでもレースを行うつもりだ」

「そのために私たちは1年に1度、クルマ(の仕様)を循環させ、“新しいクルマ”を作りたいと考えている。そうすることでフレッシュなクルマを手に入れることができ、重要なイベントでマイレージを積んだコンポーネントを使うこともなくなるんだ」

現在GTLMクラスを戦うコルベットは、2022年に新設されるGTDプロへ移行し、GT3カーとの戦いを開始する予定だ