ガスリー、ノリスとのバトルは「風のせいでマシンをコース上に留めるのも難しかった」と振り返る/F1第7戦

©株式会社サンズ

 ランド・ノリス(マクラーレン)とピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)は、F1第7戦フランスGPでのインシデントについて、意見の相違があるようだ。

 ガスリーはポジションを守るため、ターン6に進入する際にノリスを押し出してトラックリミットを越えざるを得なかった。一方ノリスはすぐに無線で「彼は僕をコースから押し出した。僕を押し出すためにコースをわざわざ外れたんだ。このばかは何をしているんだ?」と反応した。

 このインシデントのリプレイを見たFIAは、さらなる対応は不要と判断した。ノリスは最終的にガスリーを追い抜き、5位という好成績を確保した。この最終結果のおかげで、ノリスがインシデントを好意的に振り返ることができたのは確かだ。

「僕は彼を抜いて5位でフィニッシュしたわけだから、最終結果は素晴らしかったし、彼の動きに影響を受けることはなかったわけだ」

 ガスリーが過度に攻撃的だったと今も感じるか尋ねられたノリスは、先ほどと同じ考えを示し、次のように説明した。

「彼が防御して僕をコース外に押し出したやり方については何の問題もない。彼がコース上を走り続けていたのならね。でも彼はそうしなかっただろう? 彼は僕にスペースを与えずに押し出そうとして、明らかにやりすぎた。そのせいで自分もワイドになってしまった。そのことを僕は問題だと思う」

「でもさっきも言ったように、その後すぐに僕は彼を抜いて大きく差をつけた。チームは素晴らしい結果を出したし、一番近いライバルよりも上の順位でフィニッシュした。チャンピオンシップではフェラーリと18ポイント差だったんだ。だからあそこで起きたことにそれほど煩わされてはいないよ」

2021年F1第7戦フランスGP ランド・ノリス(マクラーレン)

 一方クリーンで公平なドライビングをしていたと思うか尋ねられたガスリーは、自身のドライビングを擁護した。

「あれはハードなレースで僕は楽しんだよ。アウト側から回ってきたドライバーに対して、イン側のドライバーが戦わないと期待することはできない。僕はクリーンに行こうとした。とても難しいコーナーだった。とても長いし、グリップはギリギリだった。それに追い風が吹いていたから、マシンをコース上に留めるのがとても難しかった。僕は映像を見ていない。映像を見て自分がやりすぎたのかどうか確認するよ。でも誰もが競い合いを好んでいるからね」

 防御の動きが許容範囲か、それともやり過ぎだったと思うか尋ねられたガスリーは、「僕は出口で縁石に乗ってしまった。クリーンに行こうとしたよ。僕はフェアなレーサーだからね。最終的にはよかった。次のラップで僕たちはまた戦い、彼が抜いていった。それこそレースだ」と説明した。

 スチュワードがこのインシデントについて調査は不要と判断したのは、彼らがガスリーの見解におおむね同意していたことを示しているが、ドライバーたちの順位が1周後に変わったことでインシデントはクローズと見なされ、それ以上の調査は不要とされた可能性もある。コース上の出来事は解決され、1分半後にはコース外に押し出されたとされるドライバーの方が上の順位になったのだ。

2021年F1第7戦フランスGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)