韓国科学研究院「日本から全量輸入の透明高分子核心素材を開発」発表 国際学術誌も注目

© 合同会社WTS研究所

韓国の研究グループが日本から全量を輸入している透明高分子核心素材を開発した。

韓国化学研究院(KRICT)の高機能ポリマー研究センターのチームは、増える性質を大幅に向上した環状オレフィンベースの透明高分子素材を開発したと28日に明らかにした。

高分子プラスチックの一種である環状オレフィン高分子材料は、機械的強度と耐熱性に優れ、透明度が高く、ディスプレイや5G(第5世代)の分野、次世代電子材料として浮上しているが、これまで商用化されたほとんど素材は、日本企業が独占しているという。

参考記事:韓国国防科学研究所、リヨセル系炭素繊維の製造技術を国産化 「ロケットなどの耐熱材料を独自技術で確保」

フィルム化が難しく、伸縮性が不足し、延伸率を高めることが鍵とな。日本でも素材の改善のために力を入れている技術であるとのこと。

研究チームは、ノルボルネン系単量体(環状炭化水素分子の構造が含まれている単量体)の新しい触媒システムを適用し、伸びを高めた環状オレフィン高分子材料を重合することに成功したと説明している。

従来比物性が最高で2倍以上増え、溶媒に溶かしたり、加熱したりする工程を経て簡単にフィルムを製造することができると韓国科学研究院は強調した。

同研究チームは、素材分野関連の韓国企業に技術移転を進めていると明らかにした。

今回の研究成果は、国際学術誌「マクロモレキュルズ」(Macromolecules)今月号の表紙論文として掲載された。表紙論文になることはそれだけ注目度が高い証拠となる。

(写真:マクロモレキュルズの表紙/KRICT)

参考記事:韓国政府系研究所が「サイクロイド減速機」の国産化発表…これまで90%を日本に依存
参考記事:韓国現代製鉄、全量輸入依存していた「9%Ni鋼」を国産化 すでにLNG推進船に供給
参考記事:韓国がTBMカッターヘッドの設計自動化システムを開発 「韓国の建設技術が世界市場をリードできる」政策官