米国滞在のてんちむ「日本に帰れなくなった」 ロケ先がワクチンパスポート必須で

© 株式会社東京スポーツ新聞社

トラブル続きのてんちむ(東スポWeb)

人気ユーチューバーのてんちむ(27)がトラブル続きで日本に帰国できないでいる。

仕事のため8月下旬に日本を出発。パリ、ギリシャ、トルコ、ドバイと回り、メキシコでは各国を転々としたことでテロリスト扱いされ、出国できない憂き目にあった。

その後、米国入りしたてんちむだが、23日に公開した動画で「日本に帰れなくなった」と報告。1か月以上、帰国が延期になったことを明かした。

てんちむによると、10月上旬に「GYAO」の番組企画でラスベガスで開催されるポーカー大会「WSOP」に出場。その後帰国予定だったが、10月の撮影が11月に変更になったという。

原因は日本の撮影クルーがWSOPに入場できないことが分かったため。それまではPCR検査で陰性であれば大会に入場できたが、このほど方針が変わり「ワクチンパスポートがないと入れない」ことになったという。

結果、当初予定していた10月開催の小規模の大会ではなく、11月上旬に開催される「参加費100万円」を目指すことに。これにはてんちむも「私、もともと2か月の滞在になるとは言ってたんですけど、さらに1か月延びました。3か月以上の滞在になりました。ふふふ」と諦めるしかなかった。