張本/早田ペア、決勝で中国ペアに挑む「二人の力を100%以上出し切れば」<世界卓球2021>

© 株式会社ラリーズ

<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日~29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

28日、世界選手権は大会6日目を迎え、混合ダブルス準決勝に張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)ペアが登場し、ゲームカウント3-2で勝利を飾った。試合後、張本智和が報道陣の質問に答えた。

試合後コメント

3ゲーム目で相手の巻き返しがあったが

少しずつ林高遠選手のバックハンドが入ってきて、そこに自分たちのボールもあってきた感じがあった。そこに加えてチャン・リリー選手もミスが少なくて、自分たちにもミスが出てしまった。4ゲーム目は良かったんですけど、3ゲーム目は良くなかったかなと思います。

決勝の前に中国ペアと対戦できたことのアドバンテージはあるか

多少はあると思います。初めて中国選手のボールを今大会受けられましたし。オリンピックの間も長い期間受けられなかったので。でも、今度は二人中国選手ですし、王楚欽選手は(ボールの)威力がかなり上がるかもしれないので、もっともっと準備して、甘いボールは一本もないという気持ちで速いボールを出していきたいと思います。

王楚欽と孫穎莎に対して同世代のライバル心はあるか

同世代ですけど、実質3、4つ上ぐらいなので、格上だと思っています。格上は格上ですけど、決勝に上がった以上お互いに公平だとだと思いますし、二人の力を100%以上出し切れば可能性はあると思うので、出し切りたいと思います。

文:ラリーズ編集部