石川はリベンジならず 張本、早田が初戦に臨む<WTTカップファイナル2日目>

© 株式会社ラリーズ

<WTTカップファイナル・シンガポール 日時:12月4日~7日 場所:シンガポール>

4日、WTTカップファイナルは初日を迎え、男女シングルスの1回戦が行われた。

初日総括

写真:佐藤瞳(ミキハウス)/提供:新華社/アフロ

女子シングルスで佐藤瞳(ミキハウス)が登場。ソフィア・ポルカノバ(オーストリア)に対して3-1で勝利し、準々決勝進出を決めた。一方、石川佳純(全農)は陳夢(チェンムン・中国)に、平野美宇(日本生命)は陳幸同(チェンシントン・中国)に敗れ、1回戦敗退を喫した。

写真:林昀儒(リンインジュ・チャイニーズタイペイ)/撮影:ラリーズ編集部

女子シングルスではほかに馮天薇(フォンティエンウェイ・シンガポール)が初戦を突破した。男子では王楚欽(ワンチューチン・中国)が林昀儒(リンユンジュ・チャイニーズタイペイ)とのサウスポー対決を制したほか、樊振東(ファンジェンドン・中国)やリアム・ピッチフォード(イングランド)が初戦を突破した。

2日目となる5日には、男女シングルスの1、2回戦が行われる。

男子シングルス見どころ

写真:張本智和(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

男子シングルスでは日本代表の張本智和(木下グループ)がマティアス・ファルクとの初戦を迎える。張本はファルクと1勝1敗で、接戦となるとファルクが制している。張本はファルクのフォア表の変化に対応し、準々決勝進出なるか。

写真:ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)/撮影:ラリーズ編集部

男子ではほかにも世界選手権で活躍していたクアドリ・アルナ(ナイジェリア)やウーゴ・カルデラノ(ブラジル)が初戦で中国勢と対決する。番狂わせを起こすことはできるのか。

男子シングルス1回戦組み合わせ

シモン・ゴジ(フランス) – 黄鎮廷(ウォンチュンティン・中国香港)
マティアス・ファルク(スウェーデン) – 張本智和(木下グループ)
梁靖崑(リャンジンクン・中国) – クアドリ・アルナ(ナイジェリア)
林高遠(リンガオユエン・中国) – ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)

男子シングルス2回戦組み合わせ

樊振東(ファンジェンドン・中国) – 鄭栄植(チョンヨンシク・韓国)
王楚欽(ワンチューチン・中国) – リアム・ピッチフォード(イングランド)

女子シングルス見どころ

写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

女子シングルスでは初戦に早田ひな(日本生命)が、2回戦に佐藤が登場する。早田は台湾のパワープレーヤー・鄭怡静(チェンイーチン・チャイニーズタイペイ)とのラリー戦を制して、準々決勝進出を決めることはできるのか。

写真:佐藤瞳/撮影:ラリーズ編集部

佐藤は2回戦で王藝迪(ワンイーディ・中国)と対戦する。王藝迪は世界選手権で、早田、伊藤美誠(スターツ)に勝利した強者であるが、カットマンの佐藤がどのような対応を取るか見物である。

写真:孫頴莎(スンイーシャ・中国)/撮影:ラリーズ編集部

他にも孫頴莎(スンイーシャ・中国)や杜凱琹(ドゥホイカン・中国香港)らが初戦を迎える。

女子シングルス1回戦組み合わせ

早田ひな – 鄭怡静(チェンイーチン・チャイニーズタイペイ)
杜凱琹(ドゥホイカン・中国香港) – 王曼昱(ワンマンユ・中国)
ペトリッサ・ゾルヤ(ドイツ) – 孫頴莎(スンイーシャ・中国)

女子シングルス2回戦組み合わせ

陳夢(チェンムン・中国) – 馮天薇(フォンティエンウェイ・シンガポール)
王藝迪(ワンイーディ・中国) – 佐藤瞳(ミキハウス)
陳幸同(チェンシントン・中国) – 未定

WTT(World Table Tennis)とは

ITTF(国際卓球連盟)が新たにスタートさせた、卓球の国際大会の新シリーズのこと。

これまで開催していたITTFワールドツアーを廃し、新たに、五輪・世界選手権に並ぶ最上級カテゴリーの大会として、グランドスマッシュを位置づける。その他に「カップファイナル」、「チャンピオン」、「スターコンテンダー」、「コンテンダー」などのカテゴリー別大会が開催される。

図:WTT概要/作成:ラリーズ編集部

今大会は上から2番目のカテゴリーである「カップファイナル」となる。日本代表からは、男子は張本智和(木下グループ)、女子は石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)、早田ひな(日本生命)の世界選手権代表メンバーに加えて、佐藤瞳(ミキハウス)が参戦する。

文:ラリーズ編集部