早田ひな、3度のデュースを乗り越え勝利 準々決勝は香港のエースと<WTTカップファイナル>

© 株式会社ラリーズ

<WTTカップファイナル・シンガポール 日時:12月4日~7日 場所:シンガポール>

5日、WTTカップファイナルは2日目を迎え、女子シングルス1回戦に早田ひな(日本生命)が登場。鄭怡静(チェンイーチン・チャイニーズタイペイ)に3-1で勝利し、準々決勝進出を決めた。

早田ひな、粘り強さを見せる

写真:鄭怡静(チャイニーズタイペイ)/提供:WTT

過去の対戦成績は2勝1敗で早田に分があった。第1ゲームでは、早田が要所でフォアハンドのカウンターやバックハンドドライブを決め、11-6で制した。

第2ゲームではパワープレーヤー同士によるラリー戦となり、互いに1点を取り合う展開に。デュースまでもつれ込んだ接戦を鄭怡静が制した。第3ゲームは鄭怡静が的確にコースを突きリードを広げるが、早田が追いつき1ゲーム取り、勝利に王手をかけた。

写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

第4ゲームでも鄭怡静が9-7とリードするが、そこから早田が追いつき3度目のデュースへ。変化をつけたラリーで早田がリードし、最後はフォアドライブが決まった。

勝利した早田は準々決勝で、世界選手権女王の王曼昱(ワンマンユ・中国)を3-0のストレートで下した杜凱琹(ドゥホイカン・中国香港)と対戦する。

女子シングルス1回戦

写真:練習時の早田ひな(日本生命)/提供:WTT

〇早田ひな 3-1 鄭怡静
11-6/11-13/14-12/14-12

WTT(World Table Tennis)とは

ITTF(国際卓球連盟)が新たにスタートさせた、卓球の国際大会の新シリーズのこと。

これまで開催していたITTFワールドツアーを廃し、新たに、五輪・世界選手権に並ぶ最上級カテゴリーの大会として、グランドスマッシュを位置づける。その他に「カップファイナル」、「チャンピオン」、「スターコンテンダー」、「コンテンダー」などのカテゴリー別大会が開催される。

図:WTT概要/作成:ラリーズ編集部

今大会は上から2番目のカテゴリーである「カップファイナル」となる。日本代表からは、男子は張本智和(木下グループ)、女子は石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)、早田ひな(日本生命)の世界選手権代表メンバーに加えて、佐藤瞳(ミキハウス)が参戦する。

文:ラリーズ編集部