張本智和、“南米の星”に完勝で決勝進出 世界王者との対戦へ<卓球・WTTカップファイナル>

© 株式会社ラリーズ

<WTTカップファイナル・シンガポール 日時:12月4日~7日 場所:シンガポール>

6日、WTTカップファイナルは3日目を迎え、男子シングルス準決勝に張本智和(木下グループ)が登場。ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)にゲームカウント4-1で勝利し、決勝進出を決めた。

張本が南米の星と対戦

張本は1回戦でマティアス・ファルク(スウェーデン)に、2回戦で黄鎮廷(ウォンチュンティン・中国香港)にそれぞれ勝利し、準決勝まで勝ち上がってきた。直近の世界選手権では初戦敗退となっていたが、今大会は勝ち星を重ねている。

対するは“南米の星”ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)。世界ランキングは4位につけており、同5位の張本の1ランク上に位置している。また、カルデラノは今大会で林高遠(リンガオユエン・中国)を下し、勝ち上がっている難敵だ。

長身のカルデラノの、身体能力を活かした強烈なドライブに対し、張本は前陣をキープし跳ね返す。カルデラノも追い上げを見せ3ゲーム目を奪うが、張本がゲームカウント3-1と王手をかける。5ゲーム目も前陣での早い攻めを貫いた張本がゲームカウント4-1で勝利した。

勝利した張本は決勝では世界選手権王者の樊振東(ファンジェンドン・中国)と対戦する。

男子シングルス準決勝

〇張本智和 4-1 ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)
11-6/11-9/14-16/11-5/11-3

WTT(World Table Tennis)とは

ITTF(国際卓球連盟)が新たにスタートさせた、卓球の国際大会の新シリーズのこと。

これまで開催していたITTFワールドツアーを廃し、新たに、五輪・世界選手権に並ぶ最上級カテゴリーの大会として、グランドスマッシュを位置づける。その他に「カップファイナル」、「チャンピオン」、「スターコンテンダー」、「コンテンダー」などのカテゴリー別大会が開催される。

図:WTT概要/作成:ラリーズ編集部

今大会は上から2番目のカテゴリーである「カップファイナル」となる。

文:ラリーズ編集部