ジェット・リー主演で全世界に少林寺ブームを巻き起こしたリアル武術アクションの金字塔、4Kリマスターで大復活!

© 有限会社ルーフトップ

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』シリーズや『ローグ アサシン』『エクスペンダブルス』シリーズなど、香港、ハリウッドで活躍し、世界で知られるアクションスター、ジェット・リー(当時は本名のリー・リンチェイ名義)の記念すべき映画デビュー主演作であり、本物の武術家たちによるリアル・アクションが全編に炸裂して世界的なブームを呼んだ映画『少林寺』。1982年に公開された本作品が製作40周年を記念して4Kリマスター化され、4月15日(金)から新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショーが決定。今回、本作品のポスター・ビジュアルが解禁。

ブルース・リーの登場から武術アクションが香港映画の代表的なジャンル映画となり、ジャッキー・チェンの登場でコミカル・クンフーが流行。そして中国武術のチャンピオンたちが俳優として活躍する『少林寺』は、1982年1月21日に香港で公開されるやジャッキー・チェンの『ドラゴンロード』を抑えてその年の香港年間興行収入第3位を記録し、中国では1億元(当時レート131億円)というスーパーヒットとなって年間興行収入第1位となった。そして同年11月3日に日本で公開されるや空前の少林寺ブームを巻き起こして、2003年の『英雄/HERO』が公開されるまで21年間破られなかった、アジア映画最高の配収16.5億円を記録するなど、日本のみならず全世界に「少林寺」映画を知らしめた。また実際に中国に存在する「少林寺」を世界的に知らしめたことでも記念碑的な作品となっている。

そして、全中国武術大会5年連続チャンピオンという輝かしい経歴を誇り、アジアを代表する世界的アクションスター、ジェット・リー(当時は本名のリー・リンチェイ名義)の記念すべき映画デビュー主演作であり、本物の武術家たちによるリアル・アクションが全編に炸裂。近年はCGを併用したアクション映画が多い中、あらためて令和の今、少林寺映画の頂点であり、本物のリアルアクションの最高峰を再度注目してほしい。