キスマイ・宮田俊哉、アニメ「たまゆら」の聖地・竹原へ! 念願かなって「たまらなかった」

© 株式会社東京ニュース通信社

NHK広島放送局では、1月29日に「アニメ聖地旅 竹原~広島『たまゆら』の舞台へ~」(午後10:40、NHK総合・中国ブロック)を放送する。

アニメ「たまゆら」は広島県竹原市を舞台に、写真が大好きな女子高生と、彼女を取り巻く人々の日常とささやかな夢を描いた心温まる作品。竹原市の風景が忠実に描かれており、世界のアニメファンからの投票で決める「訪れてみたい日本のアニメ聖地」に、2018年から4年連続選出されたことでも有名となった。

そんな竹原の町をジャニーズきってのアニメファンであるKis-My-Ft2・宮田俊哉が訪問。自分たちのデビューと「たまゆら」の放送開始の時期がちょうど同じ頃で、宮田は「心が癒やされていた作品」と言い、かねて竹原への訪問を熱望していたそうだ。

番組では、「たまゆら」の登場人物が使用していたカメラと同型の機種を手に、宮田が撮影しながら散策する。たけはら町並み保存地区で写真を撮ったり、アニメで見た光景に興奮したり、お好み焼きに舌鼓を打ったりと竹原の町を満喫。さらに、「たまゆら」の監督・佐藤順一氏とも対面。佐藤氏の案内で、とっておきの出会いも。人情あり、歴史ありの旅となったようだ。

宮田は、念願の竹原について「本当にすてきな町並み。懐かしいと思える物がたくさんあるし、いい出会いもあり、きっと誰が来ても楽しい町。誰が来ても受け入れてくれる町だなと感じました」と表現。また、作品のファンとして「どの景色もアニメで見ていたので、たまらなかった。おそらくアニメを見ていない方も、タイムスリップしたような気持ちになれると思います」と熱量高くコメントしている。

なお、同番組は、1月30日~2月12日までの2週間、NHKプラスで見逃し配信を予定。利用登録者は放送エリア外でも、インターネットを介して視聴可能となっている。