センバツ前回覇者・東海大相模に吉報届くか 最後の枠争い、28日出場校決定

© 株式会社神奈川新聞社

吉報を待つ東海大相模ナインと原監督(右から5人目)ら=15日、東海大相模高

 第94回選抜高校野球大会(3月18日から13日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会は、28日にオンラインを併用して開催される。

 一般選考は29校で、各地区の出場校数は北海道1、東北2、関東4、東京1。北信越と東海はともに2。近畿は神宮大会枠を含め7、中国と四国は各2、九州4。関東・東京の総枠は6、中国・四国の総枠は5で、最後の1校はそれぞれ両地区を比較して選ぶ。

 2連覇が懸かる甲子園に、前年覇者が立てるかは微妙な情勢だ。東海大相模は昨秋の関東大会でベスト8。東京大会準優勝の二松学舎大付と「関東・東京」の最後の6枠目を争うとみられる。