ポルシェ963で耐久レースに復帰するアンドレ・ロッテラー、フォーミュラEへの関与継続を希望

 かつて日本でも活躍したポルシェ・ワークスドライバーのアンドレ・ロッテラーは、『ポルシェ963』で行われるドイツメーカーによるスポーツカープログラムの一環としてプロトタイプカーレースへの復帰を果たす一方、ABB FIAフォーミュラE世界選手権に関与し続けることを可能にする「さまざまなオプション」を検討していると語った。

 アウディでル・マン24時間を3度制したロッテラーは現在、ポルシェからフォーミュラEに参戦している。40歳の彼は、2023年はチーム・ペンスキーとポルシェが共同で行う、ポルシェ963のファクトリーキャンペーンに選ばれたドライバーのひとりだ。

 彼はLMDhプラットフォームに基づいたマシンをドライブすることで、レベリオンR13・ギブソン(レベリオン・レーシング)から出場した2018-19年のWEC世界耐久選手権以来、初めてスポーツカーレースのトップクラスに復帰することになる。

 ポルシェは6月24日、ロッテラーを含む6名のファクトリーチーム・ドライバーを発表したが、WECハイパーカークラスとIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のGTPクラスに投入される各車のラインアップの割り当ては、いまだ確認していない。

 ロッテラーは「(機会を)逃したくない」と語った耐久レースへの復帰をコミットした後も、何らかのかたちでポルシェのフォーミュラEチームに貢献したいと考えている。

「僕はスポーツカープログラムにコミットしているけど、一緒になってよかったと思える決定を下したとき、(フォーミュラE)チームを離れなければならなかったとか、そういうことではないんだ」とロッテラーは語った。

「彼らは僕に何がしたいか尋ねてきたから、それについてよく考えたんだ」

「ポルシェと一緒にスポーツカーレースをすること。それは僕がもともと求めていたことであり、逃したくないチャレンジだったんだ」

「それが僕の優先事項だけど、明らかにフォーミュラEでの経験がある以上、どんなかたちであれチームをサポートするためにレースに訪れるつもりだから、どちらにしても忙しくなりそうだ」

 ロッテラーは2017年にフォーミュラEのグリッドに加わり、テチーターで2シーズンを過ごした後、2019-20年のメーカーデビューに向けてポルシェに移籍した。それと同時に、彼はキャリアの焦点をフル電動フォーミュラカーとストリート・サーキットをベースとするチャンピオンシップに置いた。

ポルシェ99Xエレクトリック(タグ・ホイヤー・ポルシェ・フォーミュラEチーム)をドライブするアンドレ・ロッテラー

■ペスカローロらと並ぶ4度目のル・マン優勝を目指すロッテラー

「フォーミュラEに専念することを決めたのは、まだWECをやっていて、ちょうどそれを終える頃だったと思う」と彼は振り返った。

「その段階で(フォーミュラEで)戦っていくためにどれだけエネルギーが必要なのかが分かったから、(WECでの活動を)続けないことに決めた。(当時は)素晴らしいプログラムがあったわけではないし、フォーミュラEに完全に集中したほうがいいと思ったんだ」

「(掛け持ちするとなると)たしかに忙しいけれど……現時点ではわからないが、ポルシェドライバーとして、このブランドと一緒に今後のフォーミュラEにどのように関わっていけるのか、さまざまなオプションを検討しているところだ」

 ロッテラーがポルシェとともに記録したフル電動フォーミュラシリーズでのベストリザルトは、2019年ディルイーヤE-Prixと2020年ベルリンE-Prix、2021年バレンシアE-Prix、2022年メキシコシティE-Prixでの2位表彰台。優勝にはあと一歩のところで届いていない。

 そんな彼はいま、アンリ・ペスカローロ、ヤニック・ダルマス、オリビエ・ジャンドビアン、セバスチャン・ブエミと肩を並べることになる自身4度目のル・マンでの成功をキャリアに加えることを切望している。

 ポルシェがIMSA GTPクラスの2台を含む計4台でのル・マン参戦を実行する可能性が低いことを考えると、ロッテラーがその野望を叶えるためにはWECに参加するLMDhカーのドライバーになる必要がある。

「ル・マンでもう一度優勝することは、こう言うと失礼だけどフォーミュラEのレースより(優先する度合い)少し大きい」とロッテラーは述べた。

「僕はまだ(フォーミュラEで)1位でゴールしていないが、レースで勝てることは証明した。だが結局のところ、優勝することと、それができることを証明することには大きな違いがある」

「(ル・マンで)1回勝つのは大変なことだと思うが、(そう考えると)4回優勝するなんて確かに魔法のようなことだよね」

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで走行するポルシェ963

© 株式会社サンズ