長野市内で新たに30代男性「新型コロナ」感染 整骨院スタッフの濃厚接触者 院外で接触 県内で累計66人に

© 株式会社長野放送

長野市で新たに「新型コロナウイルス」の感染者が発生したことがわかりました。

提供:NIAID-RML

新たに感染が確認されたのは、 市内に住む30代男性です。男性は15日に発熱などの症状があり、この日以降、体温の上がり下がりを繰り返していました。23日に医療機関を受診し検体を採取、また、肺炎が確認されたため感染症指定医療機関に入院しました。そして、きのう24日、「陽性」が判明しました。

市によりますと、30代男性は20日に感染が確認された「古牧整骨院」のスタッフの60代女性と今月10日に接触していたということです。整骨院については、スタッフ4人、患者2人の感染が判明、また患者111人が濃厚接触者という状況などを踏まえ、市はきのう「クラスター」発生の認識を示しました。ただ、2人は「整骨院」以外の場所で接触したということで、この「クラスター」には当てはまらないとしています。

30代男性の濃厚接触者は、同居者3人とそれ以外の9人の合わせて12人です。

県内の感染者は、新たに1人追加され、これで66人となりました。