NHK杯長崎県高校野球 大崎 苦しみながらも逆転

©株式会社長崎新聞社

【準々決勝、諫早農―大崎】7回裏大崎無死、調が左翼席に勝ち越しの本塁打を放つ=県営ビッグNスタジアム

 昨季から主要県大会で無敗の大崎が、諫早農に苦しめられながらも準決勝進出。1-1の七回に調の一発で勝ち越した。2試合連続本塁打の主砲について、清水監督は「きょうの方がホームランらしい打球だった。しっかり修正してくれた」と評価した。
 四回に失策が絡んで先制を許した。それでも六回2死三塁から、代打中村の適時内野安打で同点。続く七回、先頭で打席に入った調が初球の直球を左翼席中段へ運んだ。投げてはエース坂本が失点後もぶれず、与四球1と無駄な走者を許さずにテンポ良く試合を進め、最後は3球三振で完投した。
 本命の夏に向けて勝ち続けるチームだが、安打数は2試合連続で5本と低調で「フライアウトが多く、やりたいことと違う」(清水監督)。調も「全員で低い打球を徹底していかないと」と満足せず、捕球の甘さが目立った守備面も「もっと粘り強さを出していく」と気を引き締めていた。