ホンダが新ロゴで初走行「3台の新PUの機能確認等を順調に進めた」と田辺TD/F1第7戦金曜

©株式会社サンズ

 2021年F1フランスGPの金曜、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはフリー走行1=3番手/2=1番手、セルジオ・ペレスはフリー走行1=4番手/2=12番手だった。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーはフリー走行1=8番手/2=7番手、角田裕毅はフリー走行1=10番手/2=13番手という結果だった。

 今回のレースから、フェルスタッペン、ペレス、ガスリー車にシーズン2基目のICE、ターボチャージャー、MGU-H、MGU-K、3基目のエキゾーストシステムが投入された。角田に関しては、第2戦のクラッシュ時に投入しているため、これまでのパワーユニットが継続して使用されている。

2021年F1第7戦フランスGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

 また、今回からホンダはパワーユニットに「Honda e:TECHNOLOGY」のブランディングを冠して参戦。4台にそのロゴが記されている。

2021年F1第7戦フランスGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
フリー走行1=3番手(1分33秒880/23周)/2=1番手(1分32秒872/21周)

セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
フリー走行1=4番手(1分34秒193/25周)/2=12番手(1分33秒921/24周)

ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
フリー走行1=8番手(1分34秒699/20周)/2=7番手(1分33秒696/25周)

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
フリー走行1=10番手(1分34秒847/22周)/2=13番手(1分33秒955/25周)

■ホンダF1テクニカルディレクター 田辺豊治
 5月のスペインGP以来となるパーマネントサーキット、ポール・リカールでのフランスGP初日が終了しました。

 今日は快晴となり、外気温、路面温度ともに比較的高い状況下でセッションが行われました。

 今回のレースでは、レッドブル・レーシング・ホンダのフェルスタッペン選手、ペレス選手とスクーデリア・アルファタウリ・ホンダのガスリー選手のマシンに新たなPUを投入しています。

 両チームともに大きな問題の発生はなく、基本的なプログラムを消化して新PUの機能確認を含めて多くのデータ収集ができました。

 今回もライバルとは非常に僅差となりそうです。僅差では、ほんの小さなパフォーマンスの差が結果に大きく影響しますので、チームと一緒に細部に至るまでデータを確認し、最適化を進めていきます。