鷹、栗原の同点弾で引き分けに持ち込む 工藤監督「負けなくてよかった」

©株式会社Creative2

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

一時は4点をリードするも、リリーフ陣が追いつかれる

■ソフトバンク 5ー5 日本ハム(19日・PayPayドーム)

ソフトバンクは19日、本拠地PayPayドームで行われた日本ハム戦を5-5で引き分けた。1点ビハインドの9回に栗原が起死回生の同点弾。5連敗こそ免れたものの、一時は4点をリードしていただけに、悔しい引き分けに終わった。

先発のマルティネスが力投し、両チーム無得点で迎えた5回。この日プロ初出場初先発となった谷川原がプロ初安打初本塁打となるソロを放ち先制に成功。さらに2死二塁と、中村晃、栗原、柳田、長谷川、真砂と5者連続四球。3つの押し出しでリードを4点に広げた。

だが、谷川原らを下げて守備を固め、守りに入った7回が誤算だった。嘉弥真が1死一、二塁のピンチを招くと、高浜に3ランを被弾。さらに1死一、三塁で津森が渡邉に犠飛を許して追いつかれた。8回には板東が浅間に2戦連発となる勝ち越し弾を許して、一転、ビハインドを背負う展開となっていた。

栗原の同点弾でなんとか引き分けに持ち込んだ工藤公康監督は試合後「(栗原は)よく打ってくれました。あれで引き分けにできたわけだから。負けなくて良かったと思います。(谷川原も)思い切っていってくれた」と一発を放った栗原と谷川原の2人を称えていた。

一方で4点のリードを吐き出すこととなった救援陣についても「打たれることもありますって。ずっといいピッチングをし続けることはできないんで。またバッテリーで話して、同じようにならないように引き出しにしてくれたらいい。全く打たれないというのは難しい」と語り、チームの屋台骨となっているリリーフたちをかばっていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)