旧稲佐署の取得希望者公募 長崎県、10月14日まで

©株式会社長崎新聞社

県が取得希望者を公募している旧稲佐署=長崎市弁天町

 昨年3月で閉庁となった旧稲佐署(長崎市弁天町)の土地建物について県が公益事業での使用を条件に取得希望者を公募している。10月14日まで。
 県警装備施設課や県管財課によると、旧稲佐署庁舎は2000年建築で、鉄筋コンクリート造りの地下1階地上5階建て。延べ床面積約2870平方メートル。敷地面積は約1400平方メートル。
 公募対象は、高齢者福祉や児童・青少年の健全育成など、公益法人認定法の別表に掲げる事業での使用を計画する個人・団体。利用用途や取得希望時期を記載した書類と利用計画書を県管財課に提出する。
 県の審査を経て売却者として決定してから2年以内に見積もり合わせをし、売却額を決定。議会での議決を経て、契約を結ぶ。
 建物の内覧を希望する場合は10月8日までに県警装備施設課(電095.820.0110、内線2290)に申し込む。
 手続きに関する問い合わせは県管財課(電095.895.2186)。