22日(水)も大気不安定 晴れていても天気急変のおそれ 23日(木・秋分の日)は太平洋側中心に晴天

© 株式会社ウェザーマップ

 22日(水)午後も全国的に大気の不安定な状態が続き、変わりやすい空模様となる見込み。局地的に激しい雷雨となるため、落雷や突風に対して注意が必要となる。

不ぞろいな天気

 前線や湿った空気の影響で、22日(水)は広い範囲で大気の状態が不安定となっている。九州、中国の一部は、雨雲が東へ離れてすでに天気が回復しているが、その他の西日本、東・北日本は引き続き空模様の変化に注意が必要だ。日差しがあっても、これから雨雲が近づく所があるため、短時間に降る強い雨、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要だ。今夜は、主に近畿から北の地域で、雨や雷雨となる所がある見通し。

 なお、南風が流れ込む影響で、気温は全国的にこの時季としては高い見込み。東北南部や東・西日本は30℃前後まで上がる予想で、特に雨が降り出す前は蒸し暑く感じられそうだ。

秋分の日 太平洋側は暑いほうの秋晴れ

 あす23日(木)は、西・東日本の太平洋側は晴れる所が多いが、東京など関東は午前中は雲が多めで、沿岸を中心に朝まで雨が残る見込み。北陸や北日本は変わりやすい天気で朝晩を中心に雨の降る所があり、低気圧や寒気の影響を受ける北海道は日中も雨や雷雨の所がありそうだ。
 全国的に23日(木)も平年より気温の高い状態が続くが、西日本は朝の気温が下がるので、家中の換気をするには良さそうだ。日中は、西・東日本、東北南部で、きょうより湿気が少なくなり、内陸を中心にカラッとした暑さになる見込み。

金曜日以降の天気

 26日(日)にかけては、西日本を中心に晴れて、昼間は暑いくらいの陽気が続く見込み。東日本は湿った空気の影響を受けやすく、日によっては雲の広がる地域もあるが、特に天気の大きな崩れはない見通し。週末の東日本の気温は高すぎず、低すぎずといった感じで、過ごすしやすくなりそうだ。
 北日本は24日(金)も寒気の影響で、北海道を中心に不安定な天気が続き雨の降る所がある見込み。ただ、この方面も週末は天気が回復傾向で、次第に晴れ間が多くなる見通し。札幌は土日とも朝は11℃前後、日中は20℃くらいと平年並みだが、東京あたりの感覚では10月末あたりの涼しさを先取りすることになる。

(気象予報士・高橋和也)