高気圧優勢も近畿~東海は急な強い雨に注意 関東~東北太平洋側はきのうとの気温差大きい

© 株式会社ウェザーマップ

 きょう25日(土)は西~北日本で晴れる所が多いものの、東海や近畿の一部ではにわか雨がある見込み。
 関東と東北の太平洋側は低い雲が広がり、きのう24日(金)との気温差が大きくなりそうだ。
 台風16号は発達しながら北上を続ける予想で、来週後半ごろ日本列島に影響を及ぼすおそれがある。

高気圧優勢も晴天エリアは虫食い状態、関東はどんより

 25日(土)は全国的に北から張り出す高気圧に覆われているため、北海道から九州・沖縄まで晴れている所が多くなっている。
 ただ、湿った空気が流れ込む東海や紀伊半島ではにわか雨があり、特に三重県では局地的な激しい雷雨に注意が必要だ。

 南西諸島も大気の状態が不安定で雷雨となる所がある見込み。
 関東や東北の太平洋側は冷たい北東風の影響で雲が多く、弱い雨が降ったりやんだりしそうだ。

東海から西は残暑、関東・東北太平洋側は気温上がらず

 日差しの多い西日本は最高気温が30℃前後と、きょうも残暑が続く予想。
 一方で東京は26℃と前日より5℃低く、仙台は6℃も低い21℃の予想で、きのうとの気温差に注意したい。
 札幌の最高気温は20℃と平年並みで、この時期らしいさわやかな陽気となりそうだ。

26日(日)は雨エリア拡大、雷雨にも注意

 あす26日(日)は湿った空気の影響を受ける地域が広がる見通し。
 近畿や東海、北陸は大気の状態が不安定となり、雷雨の所もある予想で、中国・四国でも山沿いなど一部でにわか雨がありそうだ。
 関東ではくもり空が続くものの、仙台ではきょう25日(土)より日差しがある見込み。

台風16号が北上中、来週後半は日本列島に影響か

 強い台風16号は25日(土)午前9時現在、フィリピンの東の海上を北西へ進んでいる。
 この先もしばらく海水温が高い領域を進むため台風は発達を続け、28日(火)には猛烈な勢力になると予想されている。
 台風は来週後半に日本列島に近づくおそれがあり、今後の最新情報の確認に努めたい。
 また、台風本体の接近前から波が高まって、うねりが入るようになるため、来週は高波にも注意が必要だ。

(気象予報士・佐藤俊和)